磯しちよ、どこへ行く

何でもありのイラスト置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

消去ー(BlogPet)

チビは、ここに久しぶり消去したいです。
きょうチビはここへいそしちとここへ変更した。
いそしちの感想が変更するはずだったの。
いそしちとここまでいそしちは企業みたいな変更したかったみたい。
きょうは、ここまでいそしちの食い物っぽい消去するはずだったみたい。
いそしちで消去する?
いそしちと久しぶりに変更したよ♪
きょういそしちの、消去ー!


*このエントリは、ブログペットの「チビ」が書きました。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

www(BlogPet)

ほんとうは、いそしちは

http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/pdf/2007_nenkin.pdf
(自民党の年金問題の年金)
とか考えてたよ。

*このエントリは、ブログペットの「チビ」が書きました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

年金

今、一番国民の関心事である年金問題。
安部は「不安を煽るな」や「参議院選の争点とすべきではない」など言っている始末。

煽っているのは正確なデータ等を公表しない社保庁や政府でしょう。
また、国民へのアンケート結果に出ているように年金問題はダントツのトップな関心ごとである。
これを争点とせず、どうするのかと。
これからどのようにして、この年金問題を処理、対応していくのか。

1年で問題解決をするとか無理な話だと思う。
10億の税金を使って調べるとか・・・5000万件で割ってみれば1件あたり20円。
何ができますかね?

安部は、考え無しに「やる」と言って、参議院選を乗り切りたいだけにすぎないのだろう。



あと笑える(? 呆れるのが正しい)のが、このサイト。
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/pdf/2007_nenkin.pdf
(自民党の年金問題のページ)

それまで地方・市町村で管理されてきた年金台帳を一元管理しようとした基礎年金番号の導入すら間違いと言っているような書き方。

また、菅直人が厚生大臣に就任したのが1996年1月11日。
基礎年金番号の導入閣議決定が1996年3月。
切替業務開始が同年4月。
厚生大臣が菅直人から小泉純一郎に代わったのが1996年11月7日。
以降10年の間、宮下創平、丹羽雄哉、津島雄二、坂口力、尾辻秀久、川崎二郎、柳澤伯夫と就任されてます。

菅直人以降は、全員自・公
この10年間、こいつらは問題を放置してきたってことでしょう。

それなのに、あたかも自分たちは一切責任がありませんという書き様。
責任転嫁も甚だしい。


例えば、銀行のある人の口座が行員の不手際により無くなったとしよう。
もしこんなことが起これば、大問題なわけで、テレビ等で会見が開かれると思う。
が、このとき、担当した行員だけが悪いと言い、経営トップは謝りもせず、「救済します」とだけ言えるか!?


また年金救済法案・・・救済とは、政府側に不手際はなく国民の過失により政府がそれを救うために行うものであるが、今回は政府側(社保庁)の過失ですよね?
救済なんてオコガマシイ・・・弁済に変更すべき。


それでも、国民(当然自分も)はバカだから、現政権維持になるのでしょうね。
民主も独立候補を各地で擁立できる体制を作れ、と。

あと、小選挙区制度は変えるべき。
民意が正しく反映されない仕組みにさせられてる気がする。

とまあ、色々と書き殴ってみた。





ついでに、片山さつきは見たくもないのに朝討論にいやがるし。
話にもならないバカとは、こいつのこと。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

負けないで(BlogPet)

こないだ、いそしちが
この訃報を聞いて曲などを口ずさむと、当時の町中が「負けないで」だらけだったことが思い出され、更に二が増してくる。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「チビ」が書きました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

二人の死

今日のニュースは、二人の突然の死で持切りでしたね。

松岡農水相の件で言えることは、逃げ道を失ってどうしようもなかった状態だったんでしょう。
安部が変に庇いまくるから、松岡は逆に益々重荷を背負わされ、首を締める羽目になったんじゃなかろうかと。
安部の仲間意識というか仲間への優しさというか、それが仲間の死を招くと・・・。

斬るべきところは斬る、というようにすることが、結局はその人自身を助ける一面もあるのだなぁと思わされる。


ZARDの坂井さんは、90年代を代表する女性歌手で、当時はよく聴いてたものだからこの訃報には驚きと悲しさで一杯です。
また、この訃報を聞いて曲などを口ずさむと、当時の町中が「負けないで」だらけだったことが思い出され、更に悲しみが増してくる。
本当に、当時のZARD人気はすごかったものだ・・・。



しかし、松岡の死で幕引きされるのだけは避けて欲しいな。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。